健康保険の重要性

誰もが安心して病院で医療を受けられるように制定された健康保険があることは、私たちにとって安心できる人生の支えとなります。仮に、健康保険が無かった場合、病気が悪化して高額な医療費が払えないために病院にかかれない世の中になり、大きな社会問題となるでしょう。健康保険によって私たちの健康が保証されていると言っても過言ではありません。

そんな中、健康保険の支払額が大きいためなのか、長年にわたって健康保険の支払いを滞納している方が少なくありません。しかし、支払額が本人にとって高額であるからとはいえ、その人にとって払える額ではないのであり、単に借金を踏み倒すかのようにして健康保険料を払わないだけであるケースが多く発生しているのです。

確かに健康保険料も厚生年金と同様に年々払う額が増えているため、どうしても健康保険料を払いたくなくなると思うのは無理もありません。それでも、真面目に健康保険料を払っている方からして見たら、あまりにも身勝手なことだと感じるものであり、健康保険料の支払いを渋っている人がいるから日本が駄目になるんだ、という方がいてもおかしくないのです。みんなが健康保険料を払わないと将来的にどうなるのかを、一人一人がきちんと自覚する必要があります。

また、制度といって思いつくのがマイナンバー制度。マイナンバーは医療にも大きく関わってきます。国民個人の状況が、番号ひとつで管理されるため、こういった健康保険滞納問題も人目でわかるようになるのではないかと考えられます。番号で監視されるのは嫌だと感じるかもしれませんが、それによって生まれるメリットもあるはずです。これからは、国民それぞれが責任を持った行動を求められるでしょう。今後マイナンバーの影響はさまざまなところにでてくるので、一体どんなものか最低限のチェックはしておきましょう。マイナンバーと医療の関係について書かれたサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15